ストーンヘッド鈴木の海外旅行珍道中blog

主に1557 SPDR S&P500 ETFに投資しているノマド投資家のストーンヘッド鈴木が海外旅行テクニックの他、日本国内でも海外を楽しめる方法を書いていきます。

カテゴリ: 空港紹介

~もくじ~
1、米子空港の就航路線
2、米子空港までの交通アクセス
3、空港サービスと空港周辺
4、むすびに


※米子空港のIATA空港コードはYGJです。
スカイスキャナーでは米子空港で検索が出来ますが、他のオンラインブッキングサイトでは出来ない場合もあるので、その際はYGJと入力すると検索が出来ます。


1、米子空港の就航路線
(2017年2月5日現在)

-米子空港に就航している格安航空会社(LCC)
・エアソウル

米子空港の就航路線
-国内線(ANA)
・米子-羽田
 ※羽田空港で国際線に乗り換えをする事により、海外へのフライトも可能です。

-国際線
・米子-仁川(インチョン、ソウル、韓国)
・米子-香港

 ※仁川や香港で乗り換えをする事により更に海外への渡航も可能です。


2、米子空港までの交通アクセス
-電車の場合
境線(JR西日本)で「米子空港駅」下車

-電車運賃
米子駅から米子空港駅まで240円
境港駅から米子空港駅まで190円

-駐車場
ターミナル前駐車場は無料です。
ただし1週間以上の駐車の場合は駐車場の管理会社までご一報を。


3、空港サービスと空港周辺
・コンビニ 
コンビニは国内線到着ロビーに「セブンイレブン」があり、営業時間は06:30-22:00です。

・外貨両替:不明

・無料WIFIサービス:あり

・無料トランジットツアー:見受けられず

・展望エリア
ターミナルビル3Fにあり開放時間は06:00-22:00です。
見送りや飛行機を眺めるのもたのしいですし、航空自衛隊の美保基地が併設されているので、もしかしたらC-1輸送機などの自衛隊機の飛来もあるかもしれません。

・鬼太郎フォトスポット
ターミナルビル2Fにあります。(2017年3月上旬までリニューアル中)

・空港周辺施設
-水木しげるロード
JR境港駅を下車してすぐのところにあり、全長およそ800mの道に妖怪達のブロンズ像を見ることが出来ます。
氏の漫画が好きな方は必見のスポットです!

-由志園
-松江城
由志園は日本庭園が見もので、松江城は日本に現存する12天守閣のひとつです。
これらの観光スポットへは観光路線バスの松江境港シャトルバスが便利です。
フライトまで時間がある場合は足を運んでみてはいかがでしょうか。
問い合わせ先:一畑バス株式会社本社


4、むすびに
米子空港は現状は就航路線も少なく、何か物足りなさを感じないわけでもないですが、これは直行便の路線が少ないというだけで、乗り換えをすれば羽田、香港、仁川からさらに海外へ行くことも出来るので、スカイスキャナーなどオンラインブッキングサイトで前向きにチケットを検索してみてはいかがでしょうか。
また、米子空港は市内に非常に近く、交通のアクセスが良い利点もあります。
そして境港からはイースタンドリーム号(DBSクルーズフェリー)で韓国のトンヘ(東海)を経由して極東ロシアのウラジオストクまでフェリー旅も出来ます。

2016年12月26日付けのロシアの機関紙「スプートニク」では今後ウラジオストクのビザが緩和される旨を「匂わせて」います。
実際のところはいつ始まるのか不明な点もありますが、いずれにせよ今まで近くて遠いヨーロッパであるロシアがより身近になり、ロシアに行くチャンスが増える事は間違いありません。
現状では日本からロシアへ行ける船旅はこの堺港ートンヘーウラジオストクと稚内-コルサコフ(サハリン)の2航路しかないので、今後ビザの緩和が実施されれば、飛行機や高速バスなどで米子まで来る旅行者も増えるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

~もくじ~
1、はじめに 
2、フェリーの航路
3、おわりに



1、はじめに
日本はご存知の通り島国で、四方を海に囲まれており、フェリーで茨城県の大洗港から北海道の苫小牧港へのフェリーなど国内の移動の他、日本から海外へも船での渡航が出来ます。
スピード化の社会の中で、船旅は飛行機と比べると、どこかゆっくりなところもあり、デジタルな社会に対してアナログとも言うべき半ば時代に対して逆行すらしているようにも思えます。
また近年の格安航空(LCC)を使った日本国内や海外旅行など、値段と時間では船旅は勝算が難しいといったところもあります。

しかし船旅には船旅の醍醐味があります。
特にフェリーは以前から庶民の足的な身近な存在で、年間を通して運賃がそうそれほど高くもなく、それほど敷居が高い乗り物ではないと言っても過言ではないでしょう。

また、パンスタードリーム号の乗船体験に基づくと、船内での食い倒れのおいしいバイキングやバンドの演奏などの余興に加え潮風の気持ちよさやラウンジでの景色やマッタリ感、大浴場でのお風呂やサウナなどフェリー旅ならではで、リピーターのお客さんが多いことに納得しました。

船内ではWIFIも無料で使えたので数年前の時点では簡単なEメールの確認程度ならば特に問題はありませんでしたし、夕方に大阪港を出港して翌朝にはもう釜山に付いてしまうので、意外と早かったりもします。

本ページでは日本から海外への船旅の航路をまとめます。
なお、船旅にはフェリーやビートルなど高速船の他、豪華客船もありますが、本ページでは定期運航航路であるフェリーを主に紹介していきたいと思います。



2、フェリーの航路
・稚内―コルサコフ(サハリン、ロシア)
 2017年の運行予定は4月1日以降に新年度版に更新予定との事です。
 北海道サハリン航路株式会社
 http://hs-line.com/

・大阪南港―上海港(中国)
 蘇州号(上海フェリー株式会社) 
 
 新鑑真号(日中国際フェリー)
 それにしても鑑真なんて凄い船名ですよね。

・大阪南港―プサン(釜山、韓国)
 パンスタードリーム号(サンスターライン)

・神戸―上海港(中国)
 新鑑真号(日中国際フェリー)
 
・境港(鳥取県)―トンヘ(東海、韓国)―ウラジオストク(極東ロシア)
 イースタンドリーム号(DBSクルーズフェリー)
 
 この航路は非常に興味があり、まず船名のイースタンドリーム。
 東の夢ですからね。どんな夢を乗せているんだ!
 と思わずこれだけで乗船してみたくなります。
 
 そして他の航路とは違い、この航路は韓国のトンヘを経由して最終的に極東ロシアのウラジオストクまで行ける点です。
 極東ロシアも地図上では日本と近いにも関わらず、実際のところは「近くて遠い国」です。
 
 ところが2016年12月26日付けのロシアの機関紙である「スプートニク」ではウラジオストクのビザの簡略化を「臭わす」記事が書かれています。
 もっともロシアの事ですからいつ始まるのか、始まっても海外で良くありがちな現場職員まで情報が伝わっていなかったり、解釈が担当によって異なるなどのこともあるので、あまり鵜呑みや期待は難しい点もあります。(ドイツの入国管理局や外国人局ですらこんな感じです。)
 
 今回の記事を前向きに捉えれば、今後ウラジオストクに行くチャンスが増えるということは間違いないでしょう。
 日本から漢字文化圏ではなく、白人文化圏が非常に近くなり、一番近いヨーロッパと言っても過言ではありません!

 またイースタンドリーム号の乗り場までは米子鬼太郎空港から比較的近く、「水木しげるロード」の観光など相乗効果が得られるのではないでしょうか。

・下関(山口県)―プサン(釜山、韓国)
 はまゆう号、星希号(釜関フェリー)

・博多(福岡県)―プサン(釜山、韓国)
 ニューかめりあ号(カメリアライン)

 ビートル号(JR九州高速船)
 ※ジェットフォイルなので高速で3時間程度で釜山まで到着します。

※博多港の特徴的なところは、福岡空港にも近く、交通アクセスが良い点です。
  例えば地方空港から格安航空で福岡空港まで移動し、その後市内で辛子明太子やとんこつラーメン、モツ鍋などグルメを堪能してから船に乗るという楽しみ方も出来るのではないでしょうか。

・比田勝(対馬、長崎県)―プサン(釜山、韓国)
 ビートル号(JR九州高速船)



3、おわりに
日本国内からフェリーで海外に行く航路が割りとあるという事に改めて気づきました。
近くにそのような港が無くても、例えば地方から大阪や神戸に行く場合は高速バスや地方空港から格安航空(LCC)を使ってお得に移動する方法もあります。

私は大阪南港からパンスタードリーム号でプサンまでフェリー旅の際に一度東京まで在来線で行き、知人と会ってからJRの2階建て高速バス(夜行バス)で格安で大阪まで移動し、夕方まで大阪城や道頓堀など大阪市内を観光して夕方乗船したので、1粒で2度も3度もおいしい楽しい旅でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

~もくじ~
1、茨城空港の就航路線
2、東京駅から茨城空港まで激安で行く方法
3、ポイントサービス「IBR-POINT」
4、むすびに



1、茨城空港の就航路線
(2017年2月5日現在)
※茨城空港のIATA空港コードはIBRです。
スカイスキャナーでは茨城空港で検索が出来ますが、他のオンラインブッキングサイトでは出来ない場合もあるので、その際はIBRと入力すると検索が出来ます。

-茨城空港に就航している格安航空会社(LCC)
・春秋航空


茨城空港の就航路線
-国内線(スカイマーク)
・茨城-札幌
 毎日1往復

・茨城-神戸
 毎日3往復

・茨城-福岡
 毎日1往復

・茨城-那覇
 毎日1往復(神戸経由)

-国際線(春秋航空)
・茨城-上海
 水曜日を除いた毎日


2、東京駅から茨城空港まで激安で行く方法
ここでは東京駅から茨城空港までの移動方法を紹介します。
実は東京駅から茨城空港までは専用のバスがあり、片道90分ほどです。
スーツケースなど大きな荷物を持って人ごみの山手線などに乗るのはしんどいですからね。
乗り継ぎがないバスは非常に楽です。

飛行機を利用する方は何と!片道500円で茨城空港まで行けるのです!
飛行機の見学や見送りなどで飛行機に乗らない方でも片道1,200円で行けます。

乗車は事前予約制となっていますが、当日でも空席があれば乗車可能です。
詳しくは 茨城空港ホームページ
http://www.ibaraki-airport.net/access/bus/tokyo.html

なお、自家用車で行く方は無料駐車場もあり、1,300台が駐車可能です。
こういった無料の駐車場サービスも地方空港ならではのサービスですね。
ありがたくお得に使わせていただきましょう!


3、空港サービスと空港周辺
・搭乗ポイント制度「IBR-POINT」
茨城空港ですごいなと思うのがこの搭乗ポイント制度の「IBR-POINT」です。
2017年3月21日までの搭乗分が対象ですが、国内線も国際線も片道1回分の搭乗につき、1ポイントで、10ポイントでなんと1万円のキャッシュバックと更に茨城県の特産品のプレゼントを頂けるのです。なんと太っ腹なのでしょう。
ちなみに神戸昼便のSKY184、185はポイントが2倍となります!

神戸では中華街を楽しんでも良いですし、神戸港(神戸ポートターミナル)からは新鑑真号(日中国際フェリー)で中国の上海まで船旅を楽しむことも出来ます。

お隣の大阪からは関西国際空港からピーチなどで台湾の台北や韓国のソウル、香港などへのLCCを使って節約をしながらフライトを楽しむことも出来ます。

大阪からフェリーでの船旅で海外に行きたい方は大阪港(大阪南港)から蘇州号(上海フェリー)で中国の上海まで、パンスタードリーム号(サンスターライン)で韓国のプサン(釜山)までフェリーの旅を楽しむこともできます。
パンスタードリーム号の乗船についてはまた改めて紹介したいと思います。

船旅はスピード社会の現代とは逆行ではありますが、フェリーは飛行機には無い楽しさがあります。
とにかく船内での大海原を見ながらの和食&韓国料理のバイキングがハンパではないほどおいしく、釜山に着く前に船内で食い倒れて大浴場で湯船につかり極楽旅でした。

また、福岡で福岡のおいしい料理を楽しんだ後に船旅で高速船ビートル(JR九州)やニューカメリア号(カメリアライン)で釜山まで行くことも出来ます。

少し脱線しましたが、LCCなどを使って地方から他の都市なり海外に行くと、このように楽しさは無限大に広がるといっても過言ではないです。


・空港施設
-コンビニ 営業時間 場所
コンビニは空港1Fの出入り口付近すぐのところに「ブルースカイ・サンクススカイ」があり、営業時間は07:00-20:30です。


・外貨両替
両替機による紙幣の両替が可能です。
日本円から外貨への両替は2Fの「AIRPORT PLAZA」にある外貨両替機で以下の通貨の両替が出来ます。
(対応時間は水曜日を除く11:00-17:00)
-日本円→人民元
-日本円→米ドル

外貨から日本円への両替は1Fのコンビニ「ブルースカイ・サンクススカイ」の前、ATMの横にあります。
(対応時間09:00-18:00)
人民元→日本円
韓国ウォン→日本円
米ドル→日本円
ユーロ→日本円

・無料WIFIサービス:あり

・無料トランジットツアー:見受けられず

・展望エリア
2Fの「送迎デッキ」では飛行機を眺めることが出来ます。
茨城空港は航空自衛隊の百里基地との共同空港なので、F-15イーグルやF-4ファントムなど戦闘機が好きな方は双眼鏡を持参するとより楽しめることでしょう。

・空港周辺施設
-セイコーマート(セイコマ)
北海道民にはおなじみのあのオレンジの看板の「セイコマ」がなんと茨城空港のすぐ近くにあるのです!
茨城空港から空の駅そ・ら・らに行く手前で茨城空港から歩いて12分程度です。

-空の駅そ・ら・ら(09:00-18:00)
茨城空港の周辺は農業が酪農が盛んな地域で、空の駅そ・ら・らでは直売所やレストランのほか、月曜日から土曜日の午前中は乳製品加工施設&ヨーグルトハウスで工場内の様子を外の窓から見学することも出来ます。茨城空港でのフライトまで時間がある場合は足を運んでみてはいかがでしょうか。


4、むすびに
地方空港からも格安航空などで海外に行くことも出来、私のような地方在住者にも海外旅行のチャンスが増えています。
みなさんのひとりひとりの利用や県など空港側の営業努力で今後さらに就航するLCCが増えることを願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1、静岡空港の就航路線
(2017年2月5日現在)

※静岡空港のIATA空港コードはFSZです。
スカイスキャナーでは静岡空港で検索が出来ますが、他のオンラインブッキングサイトでは出来ない場合もあるので、その際はFSZと入力すると検索が出来ます。

-静岡空港に就航している格安航空会社(LCC)
・エアソウル

静岡空港の就航路線
-国内線
・静岡-新千歳(ANA)
・静岡-鹿児島(フジドリームエアラインズ/JAL)
・静岡-鹿児島(フジドリームエアラインズ)
・静岡-那覇(ANA)

-国際線
・静岡-仁川(インチョン、ソウル、韓国、エアソウル)
・静岡-上海-武漢(中国、中国東方航空)
・静岡-寧波(中国、中国東方航空)
・静岡-温州(中国、中国東方航空)
・静岡-南京(中国、中国東方航空)
・静岡-杭州(中国、北京首都航空)
・静岡-台北桃園(台湾、チャイナエアライン/KLMオランダ航空/2017年2月21日よりJAL)
 ※仁川や上海などで乗り換えをする事により更に海外への渡航も可能です。



2、静岡空港までの交通アクセス
-バスの場合
JR静岡駅、静岡鉄道の新静岡駅から:しずてつジャストラインにて約50分、1,000円
JR島田駅から:しずてつジャストラインにて約25分、500円
JR藤枝駅から:しずてつジャストラインにて約35分、500円
東海道新幹線、東海道本線JR掛川駅から(フジドリームエアラインズ搭乗者のみ利用可):約35分、無料

-駐車場
およそ2,000台収容可能な無料駐車場があります。



3、空港サービスと空港周辺
・コンビニ 
コンビニは旅客ターミナルビル1Fに「ヤマザキYショップ」があり、営業時間は06:40-21:30です。

・外貨両替
//両替所:旅客ターミナルビル1Fの国際線到着出口近くの静岡銀行の両替所にて
10:30-12:30、13:30-14:30の各時間内(平日のみの営業)、以下の両替が出来ます。
-米ドル
-韓国ウォン
-中国人民元
-台湾ドル

//外貨両替機:旅客ターミナルビル1F到着ロビーにて以下の両替が出来ます。
年中無休で07:00-22:00の間営業。
//外貨→日本円//
-中国人民元
-韓国ウォン
-台湾ドル
-米ドル
-ユーロ
-イギリスポンド
-スイスフラン
-カナダドル
-タイバーツ
-シンガポールドル
-オーストラリアドル

//日本円→外貨//
-中国人民元
-韓国ウォン
-台湾ドル
-米ドル

・無料WIFIサービス:あり

・無料トランジットツアー:見受けられず

・展望エリア
-石雲院展望デッキ
ターミナルビル東側にあり06:00-21:30まで利用できます。
また、おもてなし時間の土日祝11:00-15:00にガラス貼りの休憩スペースにてお茶とコーヒーの無料サービスがあります。静岡はお茶所ですので是非お茶を楽しんでいってください!

-ターミナルビル展望デッキ
旅客ターミナルビル3Fにあり06:40-21:30まで利用できます。
富士山が正面に見えるのも静岡県ならではです!
(冬季のほうが富士山は高確率で見えやすく、雨の翌日は更に空気が澄んでハッキリと見えやすいです。)

・フライトシミュレーター
フライトシミュレーターでの体験は飛行機好きにはたまらないですね。
場所は旅客ターミナルビル3Fにあり、料金はコースにより100円から200円です。
・沼津魚がし鮨FOOD COURT
東京など都市部でもお馴染みの沼津魚がし鮨です。観光地としてお馴染みの沼津港の沼津魚市場のセリ権を持っている鮨屋です。せっかくですから新鮮なお鮨を楽しんでいってください。



4、むすびに
静岡空港は各駅から離れており、交通のアクセスはあまりよくありませんが、それでも羽田空港や成田空港、中部国際空港に行くよりは距離も近く、移動の交通費も節約できます。
仁川や上海など海外で乗り継ぎをすることにより、ヨーロッパやアメリカにも行くことができるので、利便性に気づき、どんどん利用者が増えていったらと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

~もくじ~
1、地方空港への格安航空の就航は海外旅行に行くチャンスを増やしてくれた
2、国内主要空港のIATA空港コード一覧
3、無料トランジットツアー




1、地方空港への格安航空の就航は海外旅行に行くチャンスを増やしてくれた

海外旅行など外国へ行く場合は以下の大都市の空港を思い浮かべる方も多いのではと思います。

-成田空港
-羽田空港
-中部国際空港
-関西国際空港

ストーンヘッド鈴木もそのひとりなのですが、LCCで節約しながら海外に行く方法を模索していたところ、地方の空港になんとLCCが就航していることに気づきました!

これは地方在住者でもお手ごろ価格で海外に行けるチャンスですよ!
LCCで台湾の台北や韓国のソウルなどに行き、そこで旅行を楽しんでもモチロン良いのですが、そこを軸にして他社のフライトに乗り換える事などにより更に外国へ行くことも出来ます。

最近はそうでもないのですが、数年前までは台北やソウルから航空券を発券した方が、日本の年末年始などピーク時にヨーロッパ行きのチケットよりも安かったりもしたのです。

今はスカイスキャナーなどで海外発券もチケットの値段を簡単に調べることが出来ますが、今から15年ほど前はタイのバンコク発の海外発券の航空券が日本発の航空券よりも安い方法でした。

また、地方空港からLCCなどで海外へ行けるということはそれだけ海外に行ける門戸が広がったとも言えます!ありがたく使わせていただきましょう!

地方空港の場合は空港使用税が安かったり、駐車場が無料など県や市町村が運営と利用客数の向上に努力をしている都道府県もあります。
例えば静岡県東部から羽田空港までは、新幹線を使っておよそ1時間ちょっと、金額にして4,000円ほどですが、富士山静岡空港までは途中まで在来線を使ってだいたい1時間ちょっと。金額は1,000円ほどなので移動時間は大きく変わらないのにおよそ1/4の費用で移動が出来てしまいます。のこりの3/4つまり3,000円ほどはその分現地での食費などにまわす事もできますし、往復ならば倍の6,000円となる訳です!これは大きいですよ。

ベトナムをはじめ東南アジアなどやりようでは贅沢をしなければ食費とドミトリーなど安宿代いれて1日1,000円で生活は出来るでしょうから、そうすると6,000円は約1週間の滞在費になりかねません!

3,000円もあれば東証上場ETFである証券コード1391 UBSスイス株ETFが1口買えて貯金ならぬ貯株が出来てしまいます。松井証券で預株料が発生すれば配当金(分配金)だけでなく預株料まで貰えて一粒で2度、いや値上がり益があれば3度おいしいですね。
海外旅行を楽しんでいる間にもお金に働いてもらう事ができます。

さてさてちょっと脱線しましたが、地域から海外へ行くことが主眼となりつつりますが、一方で同様に海外からも日本の地域へ来るチャンスが増える訳ですので、中国人の爆買いなどインバウンドの経済効果も期待できます。

投資の観点から見てみると、ヒト、モノが動くということは商品やサービスにカネが使われるので、お金がどんどん動いていきます。地域の発展や雇用にも、そして税収にもつながります。

東京や大阪、名古屋等まで遠い方は地方の空港を利用することにより、移動時間を短縮することも出来、その分は海外の現地での滞在時間に回すことが出来れば理想的ではないでしょうか。




2、国内主要空港のIATA空港コード一覧
スカイスキャナーなどで例えば茨城空港の発着フライトを検索したい時に、スカイスキャナーでは「茨城」で検索が出来ます。
もし他のサイトで茨城空港を検索したい場合は、IATA空港コードであるIBRと入力すると検索ができます。

参考までに国内の主な空港のIATA空港コードは以下の通りです。
-新千歳空港:CTS
-仙台空港:SDJ
-茨城空港:IBR
-羽田空港(東京国際空港):HND
-成田空港(新東京国際空港):NRT
-静岡空港:FSZ
-中部国際空港:NGO
-関西空港:KIX
-米子空港:YGJ
-福岡空港:FUK
-那覇空港:OKA




3、無料トランジットツアー
海外の以下の空港では、乗り継ぎなど待ち時間に無料で参加できるトランジットツアーがあり、市内の観光が出来るサービスがあります。

-ソウルのインチョン空港
-台湾の台北桃山空港
-シンガポールのチャンギ空港
-カタールのハマド空港(ドーハ)

もちろんこれは海外のハブ空港である大きな空港でのサービスでは事です。
現状では日本国内の地方空港で、無料のトランジットツアーなどは見受けられませんでしたが、今後、空港側など官公庁が無料ツアーを主催すれば、フライトまでの待ち時間にマイクロバスなどで地元のお寺や神社など観光資源を見てまわりる事ができ、地元の特産品やお土産の購入など、地域にも還元されます。

何よりお客さんが楽しかったからまた行こう!と思っていただけることや、口コミやブログなどでの宣伝効果も大きいのではと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ