~もくじ~
1、スーツケースかバックパック
2、現地空港から宿まで移動するとき
3、貴重品の所持の仕方
4、日本円とアメリカドル
5、ガイドブック
6、TSAロックの南京錠
7、スマホ
8、ポケットWiFiルータ
9、お土産の宅配便サービス

PA078652
無料のトランジットツアーにて@カタールの首都ドーハ


0、前回までの復習
楽天カードなどクレジットカードかデビットカードの作成(航空券などオンラインで予約するのに必要)
・何日間休みが取れるのか日程を確認する
・日程から滞在先候補に優先順位をつける
・スカイスキャナーやサプライスなどで航空券のおおまかな値段や離着陸の時間を調べる
トリバゴ アゴダHotels.com などでホテル等宿泊先を調べる
・海外旅行にあると便利な物まとめ←今ココ





1、スーツケースかバックパック
スーツケースかバックパック(リュックサック)か、スポーツバックのいずれかに分かれますが、このあたりは好みによってです。

ストーンヘッド鈴木は東南アジアに行く場合はバックパックですが、ベルリンやラスベガスなど先進国で1都市での海外沈没や外こもりの場合はスーツケースでもダイジョウブです。

最近は首の頚椎症がひどい事もあり、もっぱらスーツケース+軽めのリュックサックにしています。

・スーツケースのここに注意
スーツケースはキャスターのタイヤ(ゴム)が取れてしまったり、キャスター自体が破損してしまうと、場合によっては折りたたみキャリーカートにスーツケースをヒモでくくり付けるなど対策が必要となることもあります。
また東南アジアなど雨季や豪雨での水害などで道路などが水没してしまうとスーツケースの内部まで濡れかねないです。

P9227086
前日夜からの雷雨にて水没した道@ハノイ空港へ向かうバス車内



ヨーロッパなど石畳がある場所ではキャスターが大きくないと引くさいに抵抗が増えてしまい、引く力が必要な割には前に進みにくいという事もあり不向きな点もあります。
(現地のベビーカーはタイヤが大きいですし、ハイヒールは石畳の上では歩きにくいです)


また、日本とは違いバリアフリー化があまり進んでいなかったりもします。

ただし、ストーンヘッド鈴木はヨーロッパは西から東のウクライナやベラルーシ(白ロシア)まで行ったことがありますが、石畳はそうそれほど多くもなかったです。なので実際はそれ程神経質になる事もないでしょう。

タイヤのゴムが取れてしまったのも、何回か使っていたスーツケースでしたのでし、新素材はどんどん出てきますので側面のワレやヒビ割れが発生しないかなども実際はあまり気にしなくても良いのではと思います。

ちなみにRIMOWA/リモワはキャスターのタイヤも大きめで全体的にタフです。
このあたりドイツらしい質実剛健といったところを感じます。


リモワ/RIMOWA キャリーバッグ メンズ CLASSIC FLIGHT スーツケース 35L シルバー 97153004-0002-0013





2、現地空港から宿まで移動するとき
主に荷物はバックパック大またはスーツケースにいれ、バックパック大の場合はお腹側(前側)に小さい市内観光用のバックパックを欧米のバックパッカーのように背負い、荷物が少ない場合はタスキがけのショルダーをつかっています。
お金やクレジットカードなどの貴重品はそれぞれになるべく分散させています。
マネーベルトを使って分散させたり、靴下の中に入れるのも方法のひとつです。 



【即納】隠しポケット付き 型押しクロコベルト 2色組 の 通販 [マネーベルト ベルト シークレットポケット メンズベルト 海外旅行 スリ対策 ベルト 貴重品入れ おしゃれ トラベルグッズ]



3、貴重品の所持の仕方
お金やクレジットカードなど貴重品の所持の基本はファスナーに南京錠のかかるバックパックやロッカー、観光用の小さめのリュックサックなどに極力分散することでリスクを小さくすることができます。

ショルダーバッグはそのままではひったくりを誘うことになりかねないので、車と反対側にかけたり、タスキがけをする方法もあります。

ただし、タスキがけの場合は、バイクなどでひったくられた際に、そのまま体ごと引きづられてケガをしかねないデメリットもあります。

寒い地方の場合はコートなど上着の中でタスキがけをして外から極力見え難くしておくのが理想です。

shopping_blackmarket


とはいえ、東南アジアなど暑いところではそうはいかないので、例えばズボンの内側やズボンの裾の内側などに小さいポケットを縫い付けておくのも方法です。

ズボンの後ろのポケットはジプシー(ロマ)など複数の人が近づいてきた際に他に気をとらせてグルがポケットに平気で手を入れてくるという事をパリの地下鉄内で経験しているので、後ろのポケットにボタンが付いていたとしてもサイフなどは入れないほうが無難です。

また満員電車や満員のバスではリュックサックのファスナーには南京錠でカギをかけ、リュックサックは後ろではなく、前に持つと刃物で切られるスリにもあい難くなります。

南京錠は完璧な防犯対策ではありませんが、防犯意識が高いことをまわりに思わせる事によって事件や事故にあう可能性を低くすることができます。

相手も人間なので防犯意識の高そうな面倒くさそう人よりも意識の低くて狙いやすそうな人が狙われやすくなります。



4、日本円とアメリカドル
両替の際に日本円は一番小さいお札である1000円札を数枚持っていくと便利です。

米ドルは世界の基軸通貨なので世界のどこでも使える(両替可能)といっても過言ではないです。
米ドルは1ドル、5ドル、10ドル札を複数枚持っていると買い物や両替の際に便利です。

特に1ドルはチップの変わりや、100ドル札はクレジットカードの盗難や紛失などのトラブル時にお守りとしても使えます。  
 
アメリカドルはベトナムのマーケットや宿代の支払いにも使えましたし、韓国の免税店でもアメリカドルや日本円、ユーロは使えました。



5、ガイドブック
初めての場合などは「地球の歩き方」などのガイドブックを持っていくことをオススメします。


地球の歩き方(D 16(2016〜2017年) 東南アジア [ ダイヤモンド・ビッグ社 ]


欧米のバックパッカーのガイドブックのバイブルが「ロンリープラネット」で、これに載っているところに行けば欧米のバックパッカーに出会えるといっても過言でもないです。


【中古】 ロンリープラネットの自由旅行ガイド バリ島&ロンボク島 ロンリープラネットの自由旅行ガイド/旅行・レジャー・スポーツ(その他) 【中古】afb


しかし、ロンプラは写真が少ないので、欧米のバックパッカーがストーンヘッドの「地球の歩き方」を見て、写真の多さに「日本語がわからなくてもアルファベットと写真だけでよくわかる」と目を丸くしていました。

なお、ガイドブックを持ち歩く際は日本語や漢字の表記の無いブックカバーをかけると防犯効果が高まります。



6、TSAロックの南京錠
アメリカでの乗り継ぎの場合はバックパックなどの受託荷物(機内預け荷物)にTSAロック機能付きの南京錠があったほうが良いですが、それ以外でも宿での荷物の保管や市内観光用の小さいリュックサックなどにも南京錠があると防犯効果を高める事ができます。

なお、TSAロックなどダイヤル式の南京錠は3ケタよりも4ケタのほうがよりセキュリティー効果が高くなりますし、さらにリュックサックなどをチェーンやワイヤーでベッドなどと固定すると良いです。



7、スマホ
スマホがあるとスマホ1つでカメラやメールの確認、LINEやカカオでの電話や現地の情報収集など非常に便利です。

日本で使っているスマホを持って行っても良いのですが、国によってはひったくりなどもあるので、4,000円から5,000円程度の安い中古のソフトバンクのスマホで十分ではと思います。

ドコモだと中古でも高いのでソフトバンクがオススメです。
シムフリーも高いので、現地のシムカードを入れて使うという事でなければ、あえてシムフリーにこだわらなくてもいいかなと思います。

ポケットWiFiルーターやカフェやホテル/ホステルで無料のWiFiが使えたりもするのでWiFiさえ使えればシムロックのソフトバンクの安い中古のiPhoneスマホでも十分に用は足りたりもします。

スマホだと軽くてサッと出してサッとメールなどを確認したりカメラ機能で写真を撮ったり出来て手軽なので最近はノートパソコンはあまり持ち歩いていません。

分散収入ライフ」の収入源の1つである投資もネット接続さえ出来ればスマホひとつでダイジョウブです。

wifi_yes



8、ポケットWiFiルータ
海外でも仕事の関係などで頻繁にメールやLINEで電話のやりとりが必要という方はポケットWiFiルータを空港でレンタルすると便利です。

また、仕事以外でも出先でWiFiですぐにスマホからネット検索が出来るので便利です。



9、お土産の宅配便サービス
義理チョコならぬ義理みやげなども含めて海外旅行のお土産の購入を検討している方はネットのオンラインショップで買うと、購入金額によっては送料無料で自宅まで届けれくれて、手ぶらでラクちんです。

現地で限られた時間を海外旅行のお土産探しに使う事も無く、他の自分の好きな事に費やすことも出来ます。





追記:2017年7月14日
10、英語など語学に不安のある場合
海外旅行をしたいあるいは、海外出張があるけれども英語をはじめ、現地のドイツ語やフランス語、スペイン語や中国語など言葉に不安があるよという方も多いかと思います。

今はスマホでの翻訳アプリや辞書アプリもありますが、便利な反面で肝心なときにバッテリーが切れてしまったり、盗難の観点からもスマホよりもアナログで比較的安価な紙媒体の方が忘れても、紛失しても、盗難にあっても被害は少なく、また書き込めるというメリットもあります。

そのような点も踏まえ、オススメなのが「旅の指差し会話帳」です。英語をはじめ、実に様々な言語が用意されています。

【楽天市場】

英語 (旅の指さし会話帳mini) [ 情報センター出版局 ]



【アマゾン】

旅の指さし会話帳11ベトナム[第二版] (ここ以外のどこかへ!―アジア)