~もくじ~

1、海外のどの国や都市に行ったら良いのかわからない場合

2、バックパッカーの2大メッカ

3、西のメッカ

4、バックパックや海外沈没、外こもりしやすい国や地方

5、1日あたり2,000円ちょいが予算の場合

6、バックパックの装備がなくてもオススメなのがベトナム!


P9176114
バックパッカー街周辺@ハノイの旧市街


1、海外のどの国や都市に行ったら良いのかわからない場合

海外旅行はしたいけど、どこに行ったら良いのかわからず、計画しようにも進まないという方もいるかもしれません。

その場合は前のページで取り上げた日数別の渡航先を参考にしてみると良いです。

またどのような観光地があるのかよくわからないという方は阪急交通社の無料メールマガジン阪急たびマガを参考にしてみるのもオススメです。


なお、もしバックパッカーに憧れているよ!という方は、バックパッカーの聖地を「巡礼」して見るのも良いでしょう。


保存版 バックパッカーズ読本【電子書籍】[ 旅行情報研究会 ]


2、バックパッカーの2大メッカ

バックパッカーの聖地といわれているところは複数あるのですが、ここでは東西のメッカと言われている2大聖地を紹介します。

まず、バックパッカーの東の聖地と呼ばれるのが(正確には呼ばれていたのが)香港の重慶大厦(チョンキンマンション)と美麗都大厦(ミラドマンション)です。

2017062109
重慶マンションの入り口


ストーンヘッドはチョンキンマンションよりもミラドマンションの方が安かったのでこっちに泊まりました。


2017062107
ミラドマンションの吹き抜け


てっきりミラドマンションはチョンキンマンションよりもカオスっぷりが落ちるだろうとあまり胸に期待を込めていなかったのですが、これは思いのほか期待を裏切られました。苦笑

ミラドマンションもチョンキンマンションに負けないくらいのカオスっぷりでおなかが一杯になってしまったのです。


ちなみにミラドマンションはチョンキンマンションのすぐ近くで、道を挟んで歩いて数分です。

このチョンキンマンションもミラドマンションも交通のアクセスも良く、観光エリアの九龍・尖沙咀地区のネイザンロード沿いです。


チョンキンマンションはかつての九龍城砦を思い浮かべるようなカオスの塊といっても過言では無いでしょう。

チョンキンマンションが気になる方は金城武さんも出ている映画「恋する惑星」でその一部始終が見れます。


【中古】恋する惑星 デジタル・リマスター版/金城武DVD/洋画アジア


今でこそ建物がリニューアルされてしまいましたが、それでも遠くから見たときの異色さや1階の奥の配線の黒い束、香港なのかインドなのかアフリカなのかわからない異次元な世界とスラム、いやカオスっぷり。

アンダーグランド(アングラ)、サブカルチャーとはまさにこの事でしょう。


2017062108
重慶マンションの奥


暗黒の闇の飲み込まれそうな吹き抜けのディープスポットさなど現在でもサブカルチャーで主役級を狙えるくらいの重圧感はあるのではないでしょうか。


また、今は無き九龍城砦が気になる方は九龍城砦をモチーフにしたゲームセンターの川崎の「電脳九龍城」こと「ウェアハウス川崎店」を訪れてみるのも良いでしょう。



【新品】【本】九竜城探訪 魔窟で暮らす人々 グレッグ・ジラード/著 イアン・ランボット/著 尾原美保/訳 吉田一郎/監修


3、西のメッカ

メッカのもうひとつが西のカオサンロードです。

カオサンロードはタイのバンコクにある数百メートルの道の事ですが、カオサンには安宿や飲食店など旅行に必要な物やサービスは全て揃うと言っても過言では無いでしょう。

香港のチョンキンやミラドはかなりカオスで、どちらかというと玄人の上級者向けですが、カオサンは割りと初心者の方にもなじみやすく、また欧米のバックパッカーもとても多いです。

ちなみに私ストーンヘッド鈴木は日本人宿は1度も利用した事が無く、海外では極力日本人とは接しないようにしています。


関連記事:
海外で長期滞在中に人と接するときに気をつけていること

http://stoneheadsuzuki.blogspot.jp/2017/06/blog-post_45.html

もしかしたらそんな日本人はストーンヘッド鈴木くらいのものかもしれませんが、それは半分ストーンヘッド鈴木のポリシーのようなものです。苦笑



【中古】 バンコク下町暮らし 徳間文庫/下川裕治(著者) 【中古】afb

4、バックパックや海外沈没、外こもりしやすい国や地方

バックパックや沈没、外こもりしやすいところの一例として、


東南アジア全般

・ベトナム

-ハノイ

-ホーチミンなど

・マレーシア

-マラッカ

-クアラルンプール

-ペナン島のジョージタウンなど

・東ヨーロッパ

-ウクライナ

-ハンガリー

-チェコ

-ポーランドなど

上記の国では為替レートやインフレにもよりますが、贅沢をしなければ食費と宿代で1日1,000円ちょいで生活が可能でしょう。

東南アジアの玄関口と言っても過言ではないタイのバンコクやシンガポールはLCCも含めて飛行機のアクセスが良いですが、バンコクは思いのほか物価が高かったです。

またシンガポールでは香港やマカオと同様に土地が狭く値段が高いため、宿もどうしても窮屈で空間という空間を使うかたちになりがちです。(旅行者との距離も短くなり、会話のしやすさなどこれはこれでまた面白みもありますが)

東欧まで行くとなると往復の飛行機での移動に時間がかかったり、チケットが高くなってしまったりもしますが、教会など西洋ならではの観光地の他、旧東側でも衛生面などはヨーロッパはヨーロッパなところが東南アジアや中国とは違うところです。

東ヨーロッパといえどヨーロッパは夏がハイシーズンなので冬のローシーズンを狙うと航空券や宿代が節約できます。


chokin_woman


東南アジアの外食文化の屋台とはちがい、外食はトルコ系のケバブなどのファストフードやレストランとなり、特にレストランは場合によっては1,000円くらい+チップとなるので、スーパーでハムやパンなどを買ってきて宿で食べる自炊スタイルが節約には向いています。

なお、温水シャワーはご都合よく「たまたま故障」していることもあるので、東南アジアと同様にきちんと温水のシャワーが出るかレビューなどで確認をしたほうが無難です。(特に冬)


taki_syugyou


5、1日あたり2,000円ちょいが予算の場合

-ラスベガス(アメリカへ渡航する場合はエスタ/ESTAでの事前申請や有効期間を忘れずに)

-ベルリン

-ウィーン

冬や大きなイベントを避けるなどローシーズンを狙えば食費と宿代で1日あたり2,000円程度で生活が出来たりもするのが、これらの都市です。

極めて文明的で衛生的ですし、交通も便利な上、ウィークリーやマンスリーの定期券を買ってしまうと市内の交通費も節約できます。


2017061603
コーヒー@ベルリン


関連記事:
ベルリンに1ヵ月滞在とベトナムに15日滞在にかかる費用を見積もってみた

http://stoneheadsuzuki.blogspot.jp/2017/06/115.html


なお、アメリカは日本人は90日以内、ドイツなどシェンゲン協定加盟国は「あらゆる180日の期間内で最大90日間」(難しくてよくわかりにくいですが)滞在が出来ますが、90日マックスだと入国審査の時に入国審査で時間がかかったり、最悪は入国拒否もありえます。

 

ドイツの隣のオーストリアは2国間の査証免除の取り決めがあるので日本人はシェンゲンルールでの90日+180日間オーストリアに滞在が出来きる(住民登録が必要)ので、オーストリアが好きな人には外こもりや沈没にも良いです。

また、ウィーンからスロバキアの首都のブラチスラバまで日帰りで十分観光が可能ですし、ウィーンは観光以外にもディスコなどクラブカルチャーもベルリンと同様に充実しています。


関連記事:
【紳士】ディスコは大人の社交場であり男たちの戦場でもある【下克上】

http://stoneheadsuzuki.blogspot.jp/2017/05/blog-post_29.html


上記4,5で取り上げた国や都市とは違い、行った事がないので現地の様子は何ともいえませんがペルーは183日の滞在が出来ますし、ジョージア(旧グルジア)は1年間の労働と滞在が出来ます。

特にジョージアは物価も安くジョージアの首都のトビリシからはドイツのベルリンまでLCC(格安航空)もあるので夏のハイシーズンが終わって冬の閑散期が来たらベルリンに戻るなんて事も。



6、バックパックの装備がなくてもオススメなのがベトナム!

バックパッカーに憧れるけど、まずみんなが持っている登山用の大きなリュックサック(バックパック)や雨具にも防寒具にもなるThe North Faceのゴアテックス(透湿防水加工)のウィンタージャケットなんて持ってないし、ネットで値段を調べて値段の高さにビックリしたわ!という方に朗報なのがベトナムです。


グレゴリー Gregory バルトロ 65 Baltoro 65 フレームサイズ ブラック 黒 M 登山用 長距離ハイキング バックパック リュックサック


ドイモイ政策(改革開放)により、経済発展が激しいものの、それでもまだまだ物価も安いのがベトナムです。

ベトナムでは欧米のアウトドアメーカーの工場からの横流しやコピーなどが町のいたるところに出回っており、バックパッカーに必要な大きな登山用のリュックサックやゴアテックスのジャケット、ナイキの運動靴も激安で手に入ります。

ノースフェースのゴアテックスのジャケットはネットでの正規品の1/10くらいでした。



クーポン利用で 200円 OFF ! 【あす楽!送料無料】THE NORTH FACE ザ・ノースフェイス RAINTEX Flight レインテックスフライト(メンズ)NP11625


なお、定価はないので、相場を見て言われた値段(言い値)の半額以下くらいから値切りの交渉をするのがベターです。外貨が欲しいのかドン安なのかアメリカドルでの支払いも出来ます。(こっちの方がお得)粗悪なコピー製品もあるのでよく見てから「ご利用は計画的に」。苦笑

極端な話、ベトナムに行くのならば持ち物は

-パスポート

-海外旅行保険

-航空券(Eチケット)

楽天カードなどクレジットカードかデビットカード2枚

-日本円少々とアメリカドル

-捨てても良いようなボロいリュックサック


他は持参しなくても後は現地調達でダイジョウブではと思います。




※期間の長さは問わず、海外旅行の費用の捻出については関連記事にまとめてあります。

関連記事:長期海外旅行や海外沈没、外こもりと費用の捻出

http://stoneheadsuzuki.blogspot.jp/2017/06/blog-post_20.html



ブログランキング・にほんブログ村へ




人気ブログランキング