ストーンヘッド鈴木の海外旅行珍道中blog

主に1557 SPDR S&P500 ETFに投資しているノマド投資家のストーンヘッド鈴木が海外旅行テクニックの他、日本国内でも海外を楽しめる方法を書いていきます。

~もくじ~
1、きっかけ
2、AFNが受診できなかったから海外ラジオに出会えた
3、オーム電機のAudiocommはお手ごろ価格!
4、BCLラジオの面白み
5、主な海外からの日本語放送


1、きっかけ
今から20年ほど前、たまたまブックオフで見かけた一冊の本が衝撃的で、海外に行ってみたいと思うようになったのもすべてはこの一冊の本がはじまりだったと言っても過言ではありません。
それはサブカルチャー研究会編集の「フェンスの向こうのアメリカ探険―秘密に満ちた米軍基地を100倍楽しもう! 在日米軍基地完全マニュアル」という本で、この本を読んでから横須賀基地やキャンプ座間、キャンプ富士等で行われる在日米軍のイベントに足を運んでみたり、平日はAFNであるEAGLE810をAMラジオで聞いたりしていました。
(当時は「ラジオライフ」も読んでいました)

もちろん当時は私の英語のレベルも今よりも圧倒的に低く、アメリカ人のネイティブのなまりや早口な英語などほとんど理解は出来ませんでしたし、特に昼間は電波の関係であまり受信が出来ずに音声がクリアに聞こえにくかったのですが、それでも日本にいながら24時間、アメリカの放送が聞けることに驚き、そして月曜から木曜までの0時からの「夜間飛行」である「ジェットストリーム」のように聞き入っていました。

そんなこんなで月日はあっという間に過ぎ、私は社会人となり朝も早くから休みもほとんど無く働いていました。
過労に加え、パワハラも多々あり、私は結局のところ心労で退職し、長期療養をしました。
療養中は体調が非常に悪く、ほぼ寝たきり状態のときもありました。

フラッシュバックで嫌なことも思い出すことが多い中、そんな中でふと幼い頃のAFNの面白さや新鮮さ、そして米軍基地のイベントのことを思い出しました。
しかし療養当初は関東近郊には住んでおらず、米軍基地は近くに無かったのでイベントに参加することも出来ませんでした。


2、AFNが受診できなかったから海外ラジオに出会えた
そこでラジオでAFNのAM810kHZにチューニングで合わせたところ残念ながら夜間でも受信は出来ず、なにやらロシア語と思われるラジオが受信できてしまい、ちょっとしょんぼりしてしまったのです。
しかしこれが逆にふと他にも何か海外のラジオを受信する方法があるのではと思うきっかけとなりました。
今から10年程前まではネットのストリーミングは音声だけでもそうそれほど早くなく、回線によっては途中でプツプツと切れてしまい、あまり実用的ではなかったと思います。
特に私はイーモバイル(イーモバ)のワイヤレスでインターネットに接続をしていたので、通信エリア内でもスピードはあまり速くなかったのです。

そのようなこともあり、インターネットで海外のラジオを受信することについて調べてみたところ、BCLラジオすなわち短波ラジオなるものがあることを知り、ネットで値段を調べたところソニーやパナソニックのBCLラジオのお値段にビックリして目が飛び出そうになってしまいました。


3、オーム電機のAudiocommはお手ごろ価格!
そこでお手ごろ価格なBCLラジオを探してみたところオーム電機より「Audiocomm」がかなり良心的な価格で出ていることを知りました。
半額のお惣菜を買いに寄った西友に家電コーナーがあることに気づき、そこでダメもとで覗いてみたところ、なんどオーム電機のAudiocommがあるではないですか!
しかもお手ごろ価格で!
これは入門には最適でした。

体調不良で半ば絶望のふちに立たされていた私はかすかな希望を得たのです。
それからというものの、私は体調が悪く横になっているときもアンテナを伸ばして海外のラジオを聞いていたのです。
現地はどんなところなのか、どんな人がアナウンスをしているのだろうかと目をつぶりながら想像をしながら聞いていたのです。


4、BCLラジオの面白み
子供の頃はAFNのAMのモノラルでざわついたり、遠くなったりする感じや夜間の比較的なバッチリな感じなど電波の不安定さが残念だったのですが、大人になってインターネットが進みデジタルでオンライン化で何でもスピーディーに出来、海外ラジオもネットのストリーミングでクリアに聞くことが出来るような時代となり、BCLラジオはそのような時代とは逆行していますが、逆に電離層など電波の伝播によって同じ周波数でも昼間や夜間や季節によって感度がちがうというこの不安定でアナログなところに、どこか古きよきところや短波ラジオの面白みを感じるようになりました。
また受信報告書を海外のラジオ放送局に送ることに海外より送付されるベリカードを集めるという面白さもありますし、これはBCLやラジオならではの楽しみのひとつです。


5、主な海外からの日本語放送
-KBSワールドラジオ(韓国/大韓民国)
-中国国際放送(中国/中華人民共和国)
-台湾国際放送(台湾/中華民国)
-朝鮮の声放送(北朝鮮/朝鮮民主主義人民共和国)
※チョソンと読み、次回の放送時間の案内は平壌時間で案内されますが、平壌時間は日本よりも30分遅いです。革命の歌とか金正日や金日成同志を称えたり、独特なアクセントがリスナーのピュアな心をひきつけるハズ!? 
ここだけは恐ろしく感度がよく、ステレオ放送並みにクリアに聞こえます。
しかし日本にもスパイはいそうなので、ベリカードの申請はしたことがありません。
-ベトナムの声(ベトナム/ベトナム社会主義共和国)
-モンゴルの声(モンゴル)
-しおかぜ(特定失踪者問題調査会)
※拉致被害者の方向けに北朝鮮に向けて放送されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1、静岡空港の就航路線
(2017年2月5日現在)

※静岡空港のIATA空港コードはFSZです。
スカイスキャナーでは静岡空港で検索が出来ますが、他のオンラインブッキングサイトでは出来ない場合もあるので、その際はFSZと入力すると検索が出来ます。

-静岡空港に就航している格安航空会社(LCC)
・エアソウル

静岡空港の就航路線
-国内線
・静岡-新千歳(ANA)
・静岡-鹿児島(フジドリームエアラインズ/JAL)
・静岡-鹿児島(フジドリームエアラインズ)
・静岡-那覇(ANA)

-国際線
・静岡-仁川(インチョン、ソウル、韓国、エアソウル)
・静岡-上海-武漢(中国、中国東方航空)
・静岡-寧波(中国、中国東方航空)
・静岡-温州(中国、中国東方航空)
・静岡-南京(中国、中国東方航空)
・静岡-杭州(中国、北京首都航空)
・静岡-台北桃園(台湾、チャイナエアライン/KLMオランダ航空/2017年2月21日よりJAL)
 ※仁川や上海などで乗り換えをする事により更に海外への渡航も可能です。



2、静岡空港までの交通アクセス
-バスの場合
JR静岡駅、静岡鉄道の新静岡駅から:しずてつジャストラインにて約50分、1,000円
JR島田駅から:しずてつジャストラインにて約25分、500円
JR藤枝駅から:しずてつジャストラインにて約35分、500円
東海道新幹線、東海道本線JR掛川駅から(フジドリームエアラインズ搭乗者のみ利用可):約35分、無料

-駐車場
およそ2,000台収容可能な無料駐車場があります。



3、空港サービスと空港周辺
・コンビニ 
コンビニは旅客ターミナルビル1Fに「ヤマザキYショップ」があり、営業時間は06:40-21:30です。

・外貨両替
//両替所:旅客ターミナルビル1Fの国際線到着出口近くの静岡銀行の両替所にて
10:30-12:30、13:30-14:30の各時間内(平日のみの営業)、以下の両替が出来ます。
-米ドル
-韓国ウォン
-中国人民元
-台湾ドル

//外貨両替機:旅客ターミナルビル1F到着ロビーにて以下の両替が出来ます。
年中無休で07:00-22:00の間営業。
//外貨→日本円//
-中国人民元
-韓国ウォン
-台湾ドル
-米ドル
-ユーロ
-イギリスポンド
-スイスフラン
-カナダドル
-タイバーツ
-シンガポールドル
-オーストラリアドル

//日本円→外貨//
-中国人民元
-韓国ウォン
-台湾ドル
-米ドル

・無料WIFIサービス:あり

・無料トランジットツアー:見受けられず

・展望エリア
-石雲院展望デッキ
ターミナルビル東側にあり06:00-21:30まで利用できます。
また、おもてなし時間の土日祝11:00-15:00にガラス貼りの休憩スペースにてお茶とコーヒーの無料サービスがあります。静岡はお茶所ですので是非お茶を楽しんでいってください!

-ターミナルビル展望デッキ
旅客ターミナルビル3Fにあり06:40-21:30まで利用できます。
富士山が正面に見えるのも静岡県ならではです!
(冬季のほうが富士山は高確率で見えやすく、雨の翌日は更に空気が澄んでハッキリと見えやすいです。)

・フライトシミュレーター
フライトシミュレーターでの体験は飛行機好きにはたまらないですね。
場所は旅客ターミナルビル3Fにあり、料金はコースにより100円から200円です。
・沼津魚がし鮨FOOD COURT
東京など都市部でもお馴染みの沼津魚がし鮨です。観光地としてお馴染みの沼津港の沼津魚市場のセリ権を持っている鮨屋です。せっかくですから新鮮なお鮨を楽しんでいってください。



4、むすびに
静岡空港は各駅から離れており、交通のアクセスはあまりよくありませんが、それでも羽田空港や成田空港、中部国際空港に行くよりは距離も近く、移動の交通費も節約できます。
仁川や上海など海外で乗り継ぎをすることにより、ヨーロッパやアメリカにも行くことができるので、利便性に気づき、どんどん利用者が増えていったらと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ